信用金庫って何??

知っているようで意外と知らない信用金庫について簡単にご説明させていただきます。

銀行と信用金庫が取り扱っている業務として、お金を預けることが出来たり、住宅ローンやマイカーローンなどの各種ローンも提供していることから、利用している人にとりましては同じような金融機関と感じるかもしれません。

しかし、信用金庫と銀行では大きな違いがあり、銀行は株式会社として経営していることから、利益を出し株主に少しでも多くの利益を還元する必要があります。つまり銀行というのは営利を目的とする金融機関となります。

一方で、信用金庫というのは、会員の出資により運営している協同組織であり、お金を儲けることを一番の目的とはしていません。

そして銀行と信用金庫とでは、適用される法律が異なっており、銀行の場合は銀行法、そして信用金庫の場合は信用金庫法となります。

銀行が主としている取引先は大手企業や会社なのに対し、信用金庫の場合は、特定のエリアで生活している人達が利用者や会員となり、いわゆるWin-Winの関係で成り立っているのです。

つまり信用金庫が主としている取引先は、中小企業と個人となり、利益確保が目的ではなく、地域社会への利益を大きな目的として金融業を営んでいるワケです。どうしてもお金が必要な時はどうする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加